--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/13

これはゾンビですか?1 はい、魔装少女です

4829133708これはゾンビですか?1 はい、魔装少女です (富士見ファンタジア文庫)
木村 心一
富士見書房 2009-01-20

by G-Tools
これはゾンビですか?2  そう、私は死を呼ぶもの

あらすじ
あなたは隕石を避けられますか?俺は避けた。だが、避けきれなかった。出会いは、突然落ちてくる隕石みたいなものなんだ。俺―地味な高校生だったはずの相川歩は、何の因果か世を騒がす連続一家殺害事件に巻き込まれ、あっさり殺られたはずだった…が、なぜか生きていた。事件直前に出会ったネクロマンサーの少女・ユーにより、ゾンビとして蘇ったという。んなバカな!?そればかりか、魔法の世界から来た少女戦士ハルナに、勢いのまま魔装少女に任命される。何それ!?と思う間もなく吸血忍者の女の子まで出てきて、気づくと全員と同居してた―俺はいったい何やってんだ!?第20回ファンタジア長編小説大賞佳作受賞作登場。


レビュー
普段は電撃文庫ばかり読んでいるので、見逃していた、この作品。
タイトルをネットで見た瞬間に、本屋に走っていました。
一日二日で届くamazonも、bk1も、待てませんでした。

ロメロやフルチのゾンビが好きだからだけじゃありませんよ。たぶん、ね。

まず目を引くのがタイトルです。
この手の奇抜なタイトルは、概ねアタリかハズレの両極端な内容になっているものです。しかし、これは何とも評価が難しいところ。

キャラクターが活き活き、としているので読んでて面白いのですが、どうも展開についていけない。
1巻と銘打って発売されているので、続刊はすぐ出るだろうと思っていたら案の定、もう今月に2巻が発売されるようです。
1巻を盛大なプロローグとして見れば、これからが楽しみな作品ではありました。
今後に期待。


評価:★★★☆☆

宜しかったら押してください。やる気でます。

スポンサーサイト
□富士見ファンタジア文庫 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。