--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/02/08

神さまのいない日曜日/入江君人

4829134771神さまのいない日曜日 (富士見ファンタジア文庫)
茨乃
富士見書房 2010-01-20

by G-Tools


十五年前。神様は世界を捨てた。人は生まれず死者は死なない。絶望に彩られた世界で死者に安らぎを与える唯一の存在“墓守”。「今日のお仕事、終わり!」アイは墓守だ。今日もせっせと47個の墓を掘っている。村へ帰れば優しい村人に囲まれて楽しい一日が暮れていく。だけどその日は何かが違った。銀色の髪、紅玉の瞳。凄まじい美貌の、人食い玩具と名乗る少年―。その日、アイは、運命に出会った。「私は墓守です。私が、世界を終わらせません!」世界の終わりを守る少女と、死者を狩り続ける少年。終わる世界の中で、ちっぽけな奇跡を待っていた―。大賞受賞作登場。



神様の不在。墓守の在郷。

人が生まれなくなり、死者が徘徊する世界。そんな世界の墓守のお話。
坦々と軽快に描写されていく物語は、尾を引かずに世界観を教授する事が出来た。

語られる事が少ないお蔭で、多彩な解釈が出来る。情報不足のお蔭で、不条理な世界観が構築されているとも云える。
何故人が生まれなくなったのか。何故死者が徘徊するようになったのか。神様とやらは何なのか。考え方次第ではどうとでも解釈出来る。

ゾンビものだと仮定して考えれば、宇宙放射線・未知のウイルス・軍用科学(生物)兵器、等々の設定。他にも幾らでもパターンが存在する。
墓守にしろ、ゾンビにしろ、この作品の設定は特殊であり、歪だった。その歪が在るからこそ、この作品がティーンズ小説として、素敵な作品に昇華していたのかもしれないが。

語らぬ設定は多かった。登場人物達の在り方にも、気になってしまう点が在った。それらが、物語の深みが純減する理由たる場合も在る。だがこの作品は、今回作者が作ったロジックで廻っているお蔭で、ある種独特な雰囲気を醸し出す世界を作り上げていたのではないだろうか。その雰囲気は、至極感慨深いものが在った。
真っ向からこの本の挑み、そして受け止めて欲しい。余分な猜疑心はいらないはず。この物語の主人公・アイのように、純粋に物事を捉えるのが大切なのだと考える。

しかしながら私のように猜疑心を捨てすぎると、今作の叙述トリックを見落としたりするので、その辺りは注意が必要ではある。
スポンサーサイト
□富士見ファンタジア文庫 | Comments(2) | Trackback(3)
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。