--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/02/05

ガーデン・ロスト/紅玉いづき

4048682881ガーデン・ロスト (メディアワークス文庫)
アスキーメディアワークス 2010-01-25

by G-Tools


誰にでも、失いたくない楽園がある。息苦しいほどに幸せな安住の地。しかしだからこそ、それを失うときの痛みは耐え難いほどに切ない。誰にでも優しいお人好しのエカ、漫画のキャラや俳優をダーリンと呼ぶマル、男装が似合いそうなオズ、毒舌家でどこか大人びているシバ。花園に生きる女子高生4人が過ごす青春のリアルな一瞬を、四季の移り変わりとともに鮮やかに切り取っていく。壊れやすく繊細な少女たちが、楽園に見るものは―。



残酷なまでの等身大の青春小説。

紅玉いづき氏の新作。この方は1年に1冊しか、本を刊行してくれない。そのせいもあってか、本が出る度に喜ばしい気持ちになる。
作者の根幹は変わらずに、毎回違う世界を見せてくれるから。1年に1冊の出会いが、とても尊いものになるのだ。

作者がこれまで書いてきたファンタジーものとは違った、現実の女子高生達を描いた作品だった。
今より少しだけ前の女子高生の生活。作者がリアルタイムで感じたであろう現実世界。それらが凝縮され、濃厚な雰囲気を醸し出していた。

彼女達の感じる世界は、一人ひとり全く別のもので。観測者が変わることによって、世界が如何様にも変化するのだという事を、禍々しくも鮮烈に感じ取る事が出来る。
何が正しくて、何が正しくないか。そんな事は誰にも定義できない。彼女達の現実。その1つひとつが正しいものなはずだ。

彼女達は花園を失った。失わなくてはならなかったのだろう。誰しも時の流れに逆行する事は出来ないのだから。
花園を失ったのではなく、1つの過程を過ぎ去ったのだ、と私は解釈する。彼女達には、また新しい場所が用意されているはずだ。それが花園かどうかは分からない。だが人には何かしらの居場所が必要なのだ。望む望まぬに関わらず。

今より少しだけ前。まだ携帯電話がさほど普及していなかった時代。そんな時代に生きた女子高生達を描いた、生々しい青春小説だった。
スポンサーサイト
□MW文庫 | Comments(0) | Trackback(2)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。