--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/27

月見月理解の探偵殺人/明月千里

4797356715月見月理解の探偵殺人 (GA文庫)
mebae
ソフトバンククリエイティブ 2009-12-15

by G-Tools


「どうしたんだ、暗い顔して。またちゅーでもしてやろうか?」「全部君が原因だよっ!」都築初のクラスに車椅子の少女が現れた。唯我独尊な態度で周囲を圧倒する、その美しい少女の名は月見月理解。彼女は、ネット上のチャット参加型推理ゲーム“探偵殺人ゲーム”の伝説的なプレイヤーにして、大財閥・月見月家の探偵でもあった。「この学校に、人殺しがいる」理解は、初に調査の協力を求めると共に、無視できない、ひとつの勝負を持ちかけてきた!第1回GA文庫大賞・奨励賞、一番の問題作が登場!「ならば今度も俺様を殺してみるがいい。それでは―“探偵殺人ゲーム”を始めよう」。



俺様探偵の私的事件簿。

ライトノベルであり、そしてミステリ。
キャラクター小説としての体を上手く活用している。純粋にミステリ作品として評価すると及第点。ライトノベルだの、ミステリだのと穿った視点で作品を評価するのは宜しくない。純粋に物語の感想を述べよう。

高校生の女の子の一人称が俺様。そして探偵を名乗ると来たものだ。アクの強い設定だ。人の目を引くキャラクターを構築できているので、キャラクター小説としては成功なのだろう。
アクが強いという表現を使ったが、独特なのはキャラクターだけではなく、お話自体一癖も二癖も在る。騙し騙されて信仰していく物語。ミスリードが錯綜してのトリック。
起承転結の結への流れは、読んでいて飽く事がなかった。エンディングまでの流れが、怒涛の勢いで進行したのだ。
終盤の流れに感心させられたのは事実だ。だがその終盤の流れまで持っていく進行に、少々起伏が足りなかった気がする。悪く云ってしまえば、途中で飽きてしまう可能性も在る。タイム・テーブルに若干の改善の余地が在るのだ。

世界のあまり美しくない部分に、直面してしまうような描写が在る。ネガティブな人は読むのに気を付けた方がいいだろう。ネガティブ思考者への、要注意指定書籍だ。
私たちが生活しているのは、綺麗事だけでは乗り切れない世界である。そういう観点から考えると、私はこの作品の在り方は嫌いではありません。人間に完璧な救済の在るお話ではありませんでした。ですが完璧な絶望だけが待っているようなお話でもなかった。読後感は悪くないのだ。

人間の複雑怪奇な精神構造が引き起こした悲劇の物語なのだろう。いや悲劇ではないか。人間が人間らしく生きようとして破綻した物語、とでも云えばいいのか。
一概にこれだと云い切る事が難しい。読み終わった後も、頭の中で物語に対する姿勢が確定しないのは、ある意味においては良い本だったという事なのかもしれない。読後も考察を続けることが出来るのは、その物語に魅力が在るからに、他ならない。

完璧な救済がない代わりに、完璧な絶望もないのだ。
スポンサーサイト
□GA文庫 | Comments(0) | Trackback(1)
Comment

管理者のみに表示
Trackback
管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。