--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/26

僕は友達が少ない/平坂読

4840128790僕は友達が少ない (MF文庫J)
ブリキ
メディアファクトリー 2009-08-21

by G-Tools


学校で浮いている羽瀬川小鷹は、ある時いつも不機嫌そうな美少女の三日月夜空が一人で楽しげに喋っているのを目撃する。「もしかして幽霊とか見える人?」「友達と話していただけだ。エア友達と!」「(駄目だこいつ…)」小鷹は夜空とどうすれば友達が出来るか話し合うのだが、夜空は無駄な行動力で友達作りを目指す残念な部まで作ってしまう。しかも何を間違ったか続々と残念な美少女達が入部してきて―。みんなでギャルゲーをやったりプールに行ったり演劇をやったり色々と迷走気味な彼らは本当に友達を作れるのか?アレげだけどやけに楽しい残念系青春ラブコメディ誕生。



はがない。そして儚い人達の青春紀行。もとい奇行。

友達が少ない人間が集り、友達を増やすべく日々修練を重ねる。それが隣人部。
蓋を開ければ、主人公のハーレムな部活動だった。

起伏の無い物語だった。起承転結も、序破急も、へったくれもない。一本道の物語として捉えるからいけないのかもしれない。連作短編形式の小説だと思えば、これはこれでありだ。
深く考えることなく、純粋に向き合えば楽しめるだろう。ネタも豊富ですし。

そういえばカラーページと導入で登場していたキャラクター――志熊理科が本編に登場していなかった。おそらく続刊で登場するかと思われるが、とんだブラフである。カラーページで紹介されるくらいなのだから、本編でもそれなりの活躍が在るのかと思いきや、そんな事もないようなキャラクターが多数見受けられた。これまた続刊で活躍するのだろうか。ある種のカラーページ詐欺である。

所謂嘘を嘘と見抜けない人が使うのは難しい掲示板で、扱われる事が多いネタの使用が乱発していた。ネット・スラングを多用した作品なのだ。前知識があると、より一層楽しめるのかもしれない。
もちろんそんな小難しい事を考える必要もなく、面白いお話で在る事に変わりはないのだが。考えるな感じるんだ、という系列の作品ですね。猜疑心を持って挑んではいけない類のものです。流されるままに楽しむのが正解です。

最後に1つ云わせて頂くと。
幸村は僕の嫁です。
スポンサーサイト
□MF文庫 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。