--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/19

電波女と青春男

4048674684電波女と青春男 (電撃文庫)
入間 人間
アスキーメディアワークス 2009-01-07

by G-Tools
電波女と青春男〈2〉 (電撃文庫)

あらすじ

宇宙人が見守ると噂されるこの町で、俺の青春ポイント獲得ミッション(具体的には女子と甘酸っぱい高校ライフ大作戦)はスタートした。「地球は狙われている」らしい。同居する布団ぐるぐる電波女・藤和エリオからの引用だ。俺の青春ポイントが低下する要因であり、本ミッションを阻害する根源でもある。天然癒し系な爽やか健康娘・リュウシさんや、モデルさんもびっくりの長身(コスプレ)少女・前川さんとの青春ポイント急上昇的出会いを経たにもかかわらず、俺の隣にはなぜか布団でぐーるぐるな電波女がいるわけで…。…俺の青春って、一体どーなんの。



レビュー

これは、ある男の青春ポイントを賭けた闘いの日々である

驚きの白さ。自分は本当に入間人間の本を読んだのかと驚いた。みーまーちゃんを黒とするなら、こちらは白です。
こんなにもスカッとしたラノベは久しぶりに読んだ。青春してます。滝本竜彦(敬称略)の作品の主人公が、戯言成分を増しましにした結果が、これだよ。そして多量に放出される電波でんぱデンパ。むしろ清々しい。
夜明け頃の時間に一気に読み終えたんですが。小躍りしたり、ロフトベッドにぶら下って懸垂したりで、テンションがおっかなびっくりでした。


田舎から都会に引っ越してきた男子高校生の真。青春ライフを満喫しようと上京したのだが。その矢先に現れる、上半身を布団でグルグルに巻いた謎の物体。正体不明の地球外生命体かと思いきや、下宿先の叔母さんの娘、エリオだとか。薔薇色の学校生活は最初の一歩から躓き気味。


出だしから青春ポイントがマイナスへ傾いたけど、前向きにクラスの女子と仲良くなっていく真。だがしかし布団の中身が超絶美少女だと知ってしまう。エリオに極力関わらないようにしていた真だが、外見が良いものだから、否が応にも意識してしまう。そしてエリオが電波な事を語る理由を知ってしまい、その馬鹿ばかしい幻想をぶち壊しにかかるわけです。
エンディングまでの疾走感が堪りませんでした。


今回の主人公は青臭いキャラクターですが、語り口はみーくん側の戯言多め仕様。みーまーちゃんの文体でウンザリした人には突っつきにくいかもしれませんが、一読の価値はあります。逆に戯言遣いな文体が好物な人には、超絶美味です。
電波は多目ですが、これぞラノベ。青春してます。


評価:★★★★★

宜しかったら押してください。やる気でます。


スポンサーサイト
□電撃文庫 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。