--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/02/08

神さまのいない日曜日/入江君人

4829134771神さまのいない日曜日 (富士見ファンタジア文庫)
茨乃
富士見書房 2010-01-20

by G-Tools


十五年前。神様は世界を捨てた。人は生まれず死者は死なない。絶望に彩られた世界で死者に安らぎを与える唯一の存在“墓守”。「今日のお仕事、終わり!」アイは墓守だ。今日もせっせと47個の墓を掘っている。村へ帰れば優しい村人に囲まれて楽しい一日が暮れていく。だけどその日は何かが違った。銀色の髪、紅玉の瞳。凄まじい美貌の、人食い玩具と名乗る少年―。その日、アイは、運命に出会った。「私は墓守です。私が、世界を終わらせません!」世界の終わりを守る少女と、死者を狩り続ける少年。終わる世界の中で、ちっぽけな奇跡を待っていた―。大賞受賞作登場。



神様の不在。墓守の在郷。

人が生まれなくなり、死者が徘徊する世界。そんな世界の墓守のお話。
坦々と軽快に描写されていく物語は、尾を引かずに世界観を教授する事が出来た。

語られる事が少ないお蔭で、多彩な解釈が出来る。情報不足のお蔭で、不条理な世界観が構築されているとも云える。
何故人が生まれなくなったのか。何故死者が徘徊するようになったのか。神様とやらは何なのか。考え方次第ではどうとでも解釈出来る。

ゾンビものだと仮定して考えれば、宇宙放射線・未知のウイルス・軍用科学(生物)兵器、等々の設定。他にも幾らでもパターンが存在する。
墓守にしろ、ゾンビにしろ、この作品の設定は特殊であり、歪だった。その歪が在るからこそ、この作品がティーンズ小説として、素敵な作品に昇華していたのかもしれないが。

語らぬ設定は多かった。登場人物達の在り方にも、気になってしまう点が在った。それらが、物語の深みが純減する理由たる場合も在る。だがこの作品は、今回作者が作ったロジックで廻っているお蔭で、ある種独特な雰囲気を醸し出す世界を作り上げていたのではないだろうか。その雰囲気は、至極感慨深いものが在った。
真っ向からこの本の挑み、そして受け止めて欲しい。余分な猜疑心はいらないはず。この物語の主人公・アイのように、純粋に物事を捉えるのが大切なのだと考える。

しかしながら私のように猜疑心を捨てすぎると、今作の叙述トリックを見落としたりするので、その辺りは注意が必要ではある。
スポンサーサイト
□富士見ファンタジア文庫 | Comments(2) | Trackback(3)
2009/05/27

これはゾンビですか? 2 そう、私は死を呼ぶもの

4829134054これはゾンビですか?2 そう、私は死を呼ぶもの (富士見ファンタジア文庫)
木村 心一
富士見書房 2009-05-20

by G-Tools


あらすじ

あなたは火の粉を払えますか?自分の身に隣りかかる面倒事さえ処理し続ければ、それで万事うまくいく。俺は、世の中そんなもんだと思っていた。ところが、ゾンビで魔装少女になってしまった俺―相川歩に降りかかってきた火の粉は、ネクロマンサーのユー、魔装少女ハルナ、吸血忍者のセラだけじゃなかった。セラと敵対する吸血忍者の少女が現れ、もののはずみでキスしてしまったんだ。その子、友紀は同じ学校の生徒で、俺の嫁になるってー!?そればかりか妖怪は大量発生するわ、大先生から変な預かり物を頼まれるわ、次から次へと降りかかる災難。あーっ!払いきれねーっ。



レビュー


これは料理ですか? いいえ、兵器です

1巻の展開からして、2巻から盛り上がるんだろうと思っていたが、そんなことはなかったんだぜ。
何やら混沌とした展開です。物語の主軸のようなものが、どこか二の次になっています。ラブコメだと公言しているので、それでいいのかもしれませんが。
異能力バトルの風呂敷を広げるのなら、きちんと戦闘描写も練って欲しかった。まあ、トモノリが可愛かったんでいいです。この調子で、どんどん女の子を投下して、美少女密度を上げれば良いと思います。
この先は戦闘ものとしては期待しないように読もうかと。ザ・ラブコメ。上手く扱えば面白くなりそうな世界観なんですが。だがラブコメ。
美少女に囲まれたハーレム展開な主人公を眺めるだけで良しとしましょう。ギャグのセンスは悪くありませんしね。


今の段階では、まだ複線をあっちにこっちにばら撒いている段階です。少々投げやりな戦闘パートを見ると、これからの展開に不安もあります。ですが悲観ばかりしていてもしょうがないですね。この物語が、今後見せる展開をノンビリと見届けようかな、と。
主軸のストーリーに添えられた装飾を楽しむのが、このシリーズの醍醐味になるんでしょうかね。
何だかんだで目まぐるしい2巻でした。例えるなら生クリームを盛りすぎたコーヒーゼリー、みたいな。甘ったるさに溺れた後、最後に苦さを味わった。ハーレムより家族を目指している、と考えた方がいいのかもしれない。

大先生の挿絵はあざとかった。嫌いじゃないけど。いや好きだけど。大(以下略)


評価:★★★☆☆

宜しかったら押してください。やる気でます。


□富士見ファンタジア文庫 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/13

これはゾンビですか?1 はい、魔装少女です

4829133708これはゾンビですか?1 はい、魔装少女です (富士見ファンタジア文庫)
木村 心一
富士見書房 2009-01-20

by G-Tools
これはゾンビですか?2  そう、私は死を呼ぶもの

あらすじ
あなたは隕石を避けられますか?俺は避けた。だが、避けきれなかった。出会いは、突然落ちてくる隕石みたいなものなんだ。俺―地味な高校生だったはずの相川歩は、何の因果か世を騒がす連続一家殺害事件に巻き込まれ、あっさり殺られたはずだった…が、なぜか生きていた。事件直前に出会ったネクロマンサーの少女・ユーにより、ゾンビとして蘇ったという。んなバカな!?そればかりか、魔法の世界から来た少女戦士ハルナに、勢いのまま魔装少女に任命される。何それ!?と思う間もなく吸血忍者の女の子まで出てきて、気づくと全員と同居してた―俺はいったい何やってんだ!?第20回ファンタジア長編小説大賞佳作受賞作登場。


レビュー
普段は電撃文庫ばかり読んでいるので、見逃していた、この作品。
タイトルをネットで見た瞬間に、本屋に走っていました。
一日二日で届くamazonも、bk1も、待てませんでした。

ロメロやフルチのゾンビが好きだからだけじゃありませんよ。たぶん、ね。

まず目を引くのがタイトルです。
この手の奇抜なタイトルは、概ねアタリかハズレの両極端な内容になっているものです。しかし、これは何とも評価が難しいところ。

キャラクターが活き活き、としているので読んでて面白いのですが、どうも展開についていけない。
1巻と銘打って発売されているので、続刊はすぐ出るだろうと思っていたら案の定、もう今月に2巻が発売されるようです。
1巻を盛大なプロローグとして見れば、これからが楽しみな作品ではありました。
今後に期待。


評価:★★★☆☆

宜しかったら押してください。やる気でます。

□富士見ファンタジア文庫 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。